2016

You are browsing the site archives for 2016.

沖縄への格安航空券の取り方

気候が温暖で自然がたっぷりの沖縄は、旅行先として季節を問わず人気があります。スキューバダイビングをはじめとしたマリンスポーツも楽しむことができるので、家族で沖縄旅行に行くという人も少なくありません。

ただ、家族そろって沖縄へ行こうと思うと、どうしても気になるのが旅行にかかる費用です。飛行機に乗るので費用はどうしてもかさんでしまいがちです。

国内とはいえ沖縄ともなると、グアムや韓国に行くよりも料金がかかる場合もあります。
そんな沖縄旅行を、少しでもリーズナブルに、費用を気にせずに行きたいと思いませんか?家族みんなで沖縄に行っても旅費を節約できる方法として、格安航空券の利用があります。

ssgp2855格安航空券の予約をしたいと思ったら、いくつかの方法があります。まずは、旅行代理店で予約する方法です。

旅行代理店だったらスタッフがいるので、チケット予約だけではなくホテルや旅行先でのオプションなど、様々な旅行パックの紹介もしてくれます。旅行に関するほとんどの手続きをしてもらえるので、とても助かります。

次にインターネットで予約する方法です。最近はインターネットの旅行サイトもすっかり定着してきましたね。インターネットで予約をするとポイントを貯めることができるサイトもあるので、上手に利用すれば格安で行ける上、更にお得になります。

支払いはクレジットカードやコンビニ決済で行われます。インターネットで予約する場合、ほとんどの工程を自分でしなくてはなりませんが、その分仲介手数料がかからないので、更に旅費を節約することができます。

旅行代理店が近くに無く、インターネット環境も無いという場合は電話予約をしましょう。丁寧に説明してもらえるので、安心して申し込むことができます。

このように、沖縄格安航空券を予約する方法はたくさんありますので、自分に合った方法で予約してみましょう。
また、もしも旅行に行く日程が早めに分かっている場合は、早めにチケットを予約することをおすすめします。

これは大手の航空会社にも格安航空会社にも言えることですが、飛行機のチケット予約は早ければ早いほど料金が安くなります『早割』というサービス名を耳にしたことがある人もいることでしょう。

もしも、旅行の出発予定日が2カ月以上先の場合は格安航空会社の方が安いことは確実です。
出発日まで1カ月から2カ月未満、1カ月以内というように、時期が近くなればなるほどどこの航空会社が安いかどうかは分からなくなってきます。その場合は、大手の航空会社も含めて比較してみましょう。

沖縄への格安航空券はどうして安いの?

最近は、格安航空券という言葉をよく耳にするようになりましたね。沖縄や北海道など、これまでは飛行機の料金が高いとされていたような所でも、格安航空券を使えば場合によっては半額に近い料金で行けるようになりました。

せっかくだったら格安旅行券を使って、気軽に沖縄まで行きたいと思いつつ、どうして格安航空券はそんなに安くできるのか?安全性に問題は無いのか?など、疑問や不安を持っている人も少なくないと思います。

格安航空券とは、格安航空会社の飛行機を利用する際のチケットのことです。
以前は飛行機と言えばJALやANAといった大手の航空会社しかありませんでしたが、規制緩和によってかなり低料金で乗ることのできる航空会社が次々登場しています。

良く知られている航空会社として、スカイマークやジェットスタージャパン、ピーチ航空などがあります。

では、どうして格安航空会社ではそれほど安く飛行機に乗ることができるのでしょうか?そのいちばんの理由として、業務を簡素化し、効率的にしているという点があげられます。

たとえば、回転を早くするために搭乗客の搭乗時間をできるだけ短くする工夫をしたり、手荷物を減らして駐機時間を短くしたりしています。他にも機内サービスを最低限にするという所も多くあります。
これらの努力によって飛行機の料金を少しでも安くできるようにしているのです。

他にも格安料金にする方法があります。それは、旅行代理店がまとめ買いした席数の残りを一般の航空券として販売する方法です。
旅行代理店ではかなり早めに席をまとめ買いし、旅行パックとして売り出します。

この時に残った座席は空けておいたままで飛行機を飛ばすよりは、たとえ安くてもお客様を乗せて飛ばした方が利益になります。ですから、このような席のチケットは格安で販売することが可能なのです。

格安航空券を利用して沖縄に行きたいけれど、安い値段で乗る飛行機の安全性が気になるという人もいることでしょう。
これは常識の範囲で考えても、格安だから機体の管理に手を抜いたりするなどということは考えられません。

たとえば一度事故やトラブルが起きれば、その航空会社は倒産することもあります。そのようなリスクを背負ってまでいい加減なことはしないでしょう。

また、パイロットになるためには厳しい国家試験が必要で、これは航空会社の大小には関係の無いものです。格安航空会社では先ほどお話したような努力や工夫を積み重ね、旅行代理店とも上手に連携した結果、格安航空券というものを実現しているのです。

JALやANAなどの大手航空会社の飛行機で沖縄に行こうと思ったら、旅費はかなり高いものになってしまいます。少し前までは海外旅行の方が安いとまで言われていたほどです。でも、最近は格安航空券の登場によって、沖縄にもだいぶ安い価格で行けるようになりましたね。早めにチケットを取れば更に割引率が上がるので、格安旅行券を使って旅行に行く方法は、今や多くの人が利用するようになりました。ここでは、そんな格安旅行券を使って飛行機に乗る場合のメリットとデメリットについてお話していきたいと思います。

まず、格安航空会社のメリットのいちばん大きいものと言えば、やはり運賃がとても安くなるという点です。また、大手の航空会社よりも後に登場した格安航空会社ですから、多くの飛行機が新しい機材を使っています。飛行機は古い機材を使っているとどうしても故障も増えてくるため運用コストが悪くなってしまいます。これを防いで格安航空券を実現するために、燃費が良く、新しい機材を使っている格安航空会社が多く、その結果、故障が少なく安全性が高いというメリットがあります。また、格安航空会社では往復ではなく片道で料金設定をできるため、旅先での日程や滞在日数を制約されることがありません。沖縄で気ままにのんびりしてきたい…という人などには最適だと考えられます。

多くのメリットがある格安航空会社ですが、デメリットもいくつかあります。格安航空券の実現のためには様々な場面で節約が必要になってきます。そのため、機内での飲み物や機内食をはじめとして、毛布や映画なども有料になっている所が多くあります。また、荷物を預ける場合もチケット料金に含まれていないことが多く、別途追加料金がかかることがあります。他にも格安で飛行機を飛ばすので一度のフライトでできるだけ多くのお客様を乗せる必要があり、座席の間隔が狭いということがあります。気をつけたいのが、天候不良や機材故障で飛行機が飛ばなくなった場合は、大手の航空会社と違って他社の飛行機への振り替えや当日の宿泊代、食事代などが負担してもらえない点です。トラブル時には自分で解決する必要があります。

このように、格安航空会社にもデメリットはありますが、それを差し引いて考えてもやはり航空券の安さは大きな魅力です。海外ならともかく、沖縄など数時間で行けてしまう国内であれば機内食も必要ありませんものね。飛行機を使った旅行を更に身近なものにしてくれた格安航空会社を上手に利用しましょう。

沖縄まで行く場合、今や飛行機の料金も航空会社によって様々です。行き先が同じでも利用する飛行機によって全く料金が異なってくるのであれば、できるだけリーズナブルな料金で行きたいと思っている人も少なくないことでしょう。そんな時に注目したいのが、格安航空券というものです。

格安航空券と一言で言っても、格安航空会社は次々と増えていて、どこの航空会社を利用すればいちばん安く乗れるのか迷ってしまうほどです。そんな中、最近は格安航空券を探すためのインターネットサイトが人気です。これらの比較サイトでは、各航空会社の空席情報や料金情報をリアルタイムで表示してくれるので、沖縄はもちろんのこと希望の行き先や出発地、出発日などの必要事項を記入するだけで、すぐに各社のチケット代金を比較することができます。サイトによっては、主要空港発の格安航空券を探すことができるサービスなどもあるので、目的に合わせて利用してみましょう。もしも気に入った飛行機が見つかったら、もちろんその比較サイトからそのまま予約の手続きも行えるのでとても便利です。ほとんどのサイトが24時間予約手続き可能なので、忙しくて昼間はなかなか飛行機の手配ができないという人でも大助かりですね。

『さくらトラベル』では、国内すべての航空会社の格安航空券を比較することができます。サイトのトップページに出発日、や出発地、到着地を記入するだけで、すべての国内航空券の価格をまとめて比較することができるとても便利なサイトです。パソコンやスマートフォンのサイト、アプリの他、これらの端末での操作が苦手な人のために、電話での相談も受け付けてくれています。

『航空券.net』も国内の格安航空券を比較することができるサイトです。格安航空券を早期割引で更に安く購入することができるキャンペーンなどもあるので、チェックしてみましょう。こちらのサイトには『航空券.net World』という姉妹サイトがあり、海外に行きたい場合の格安航空券の比較をすることができます。

他にもたくさんの格安航空券比較サイトがあり、格安航空券の比較だけではなく目的やテーマ別に選ぶことのできる国内格安ツアー特集を紹介しているサイトもあります。また早めのチケット予約で料金を安くすることができる他、急な用事で当日飛行機に乗りたいという場合でも、空席を調べて予約することが可能です。実際に空港まで行って慌てて探すよりも、まずは落ち着いてインターネットの予約サイトを確認してみましょう。

カップルで夫婦で、子供連れで、更に1人でも楽しむことができる沖縄は、旅行の行き先として常にランキングの上位にあります。最近は、格安航空券も登場したので沖縄旅行がより身近で行きやすくなりましたね。各旅行代理店でも、格安航空券のおかげで様々な旅行パックをとてもお得なお値段で用意してくれています。ここでは、沖縄に行ったらここだけは行っておきたいというおすすめの場所を紹介していきたいと思います。

青の洞窟…日本でも様々な場所に存在する青の洞窟ですが、実は沖縄にもあります。青の洞窟とは海蝕洞のひとつで、海水が浸食したことによってできた美しい洞窟です。その海面は太陽の光が反射して美しい青に輝きます。沖縄にある青の洞窟は、恩納村の真栄田岬が有名で、ダイビングやシュノーケリングの体験をすることができます。フレンドリーな魚たちがすぐ近くまで寄ってきてくれるのも楽しく、一度見たら忘れられない美しい風景です。

慶良間諸島国立公園…世界一美しいとも言われている慶良間諸島の青い海はケラマブルーとも呼ばれています。ダイビングを趣味にしている人はもちろんのこと、初心者でもダイビングやシュノーケリングの体験をすることができます。那覇から船で1時間ほどで行くことができるのも人気の理由のひとつです。

沖縄美ら海水族館…特に家族連れに人気の有名な観光スポットです。世界最大級の水槽の中を大きなジンベエザメやマンタがゆったりと泳ぐ姿は圧巻です。熱帯魚をはじめとして南国の魚が数多く展示され、めずらしい深海魚も見ることができます。ジンベエザメを真上から見ることができる見学プログラムもおすすめです。

美浜アメリカンビレッジ…アメリカのような明るいムードがただよう一大リゾート地として人気があります。海に面した敷地はなんと東京ドーム約5個分という広さです。ホテルや商業施設が建ちならび、買い物や食事、ビーチからの景色も楽しむことができます。食べ歩きしやすい軽食のお店も多いので、1日中歩き回って気軽に過ごせるのが魅力です。夜になるとライトアップされて、昼間とはまた違った雰囲気を味わうことができます。

まだまだ、紹介しきれないほど、沖縄には魅力的な観光地がたくさんあります。旅行代理店で好みのオプションパックを選んでもいいですし、とりあえず格安旅行券を予約して沖縄へ飛び、のんびり行き先を決めるというのも沖縄らしい楽しみ方です。忙しい毎日から解放されて沖縄の自然の中、ゆったりと癒されてきてくださいね。

航空券を安くして沖縄旅行に来たならば、現地で利用する旅費も安く済ませたいですよね?そこで登場するのでレンタカーです。
沖縄で格安に車を借りることを利用したいという場合、料金を比較することがポイントです。大手の会社の6割程度の価格で利用することができるため、お金を節約して車を借りたい人には助かるサービスです。

価格の安さだけを見ればとても魅力的なのですが、安いものには理由もあるのだと知っておきましょう。なぜ安く車をレンタルできるのかということですが、年式が古い車やたくさん走っている車を利用している場合もありますし、車両工場などをそのまま店舗として運営しているケースもあります。

また、乗り捨てができないことも多く、車を借りた店舗で返すことが一般的です。さらに、カーナビがオプションとなっており、欲しい場合は追加料金がかかってしまうこともあります。大手と比較すると乗り捨てができないというデメリットは大きいですし、カーナビがオプションになってしまうことも注意しましょう。

よく知っている地域で利用する場合は問題ないかもしれませんが、旅行先など知らない地域で運転する場合はカーナビが付いている方が安心です。
ちなみに、大手の会社でも古い車をレンタルに使用していることはあります。新しい車に乗りたい場合は年式を選べる会社から借りた方が良いでしょう。

格安の会社というのは徹底的にコストを削減することで値段を低く設定しているということです。また、格安で車のレンタルを行っている会社の場合、口コミでの評判があまり良くないこともあります。店側の対応が悪いこともありますし、設備の古い車や壊れている車に当たってしまうこともあるでしょう。

古い車を使っているので故障や不備などは起きやすいと。もちろん大手でも常に新車が利用できるわけではないですし、古い車に当たるとトラブルのリスクはあります。ちなみに、これは確率の問題ということですが、大手の会社ではきちんとメンテナンスをしているので古い車でもトラブルが起こりにくくなっています。

格安の会社はコストを抑えるためにメンテナンスにかかるお金なども抑えています。そのせいでトラブルに遭ってしまう可能性もアップするのですが、大手の場合はその確率が低くなるのです。
格安レンタカーは安く利用できるのですが、長距離を移動する時には使わない方が良いかもしれません。
長距離の移動ではトラブルに当たるリスクが高くなりますし、短距離の移動なら良くても長距離の移動では大手の会社でレンタルした方が良いでしょう。

乗り捨て(ワンウェイ)可のレンタカーのメリットは、借りた店舗ではなく同じレンタカー会社の他の店舗にかえすことができるところです。
沖縄は小さな島国に見えますが、南北に長いため、移動すると戻ってくるのには結構な時間がかかります。なので、乗り捨てできるレンタカーを借りたほうが、帰ってくるときに負担になりません。時間いっぱいドライブして、あとは別な島から飛行機や船で帰ってくるということもできます。

最近では、ホテルから出発して他のHOTELで返却する方法もあります。例えば、那覇市内のホテルでレンタルして、北部のホテルに乗り捨てて返却するという感じです。
これだと必要な日だけレンタルすることができるので楽です。
ホテルから利用できるプランだと、安いところだと2,900円〜、平均相場は7,000円〜です。

普通のプランであれば、料金比較サイトでは1,500円〜になっています。東京でのワンウェイ利用は4,000円近くかかりますが、沖縄はかなり安く利用。

ただし、空車状況によって値段が変わるのは避けられません。夏など観光によいシーズンは人が殺到するため、予約がいっぱいで空車が少なくなり、値段が上がりやすいです。
また、人気のある車両タイプもすぐに予約がいっぱいになってしまうことが多いです。

観光シーズン真っ盛りにレンタルするつもりならば、前年くらいから早めに予定を立てておいたほうがいいでしょう。速すぎると営業所によっては対応できないこともありますが、対応可能な時期になれば優先的に知らせてくれるところもあります。

人気があるのはコンパクトカーで、だいたい5人乗りくらいのものは予約が集まりやすいです。これだと2,500円〜5,000円が相場になっています。
また、乗用車は少し安くて相場が1,700円〜です。
この相場はエリアによって違うので、あくまでも参考料金として把握しておきましょう。

ワンウェイサービスは、借りた店舗の近くの店舗に返すほど安くなる傾向にあります。別な営業所であっても、エリアが近いと営業所側でも戻すための費用がかからないからです。

「わざわざワンウェイサービスにお金をかけたくない」という人もいるかもしれませんが、長距離を走って他のエリアまで行くのであればつけておいたほうが安心です。同じレンタル会社の営業所であれば、返すことができるので安心してドライブを楽しむことができるからです。