9月 2016

You are browsing the site archives for 9月 2016.

航空券を安くして沖縄旅行に来たならば、現地で利用する旅費も安く済ませたいですよね?そこで登場するのでレンタカーです。
沖縄で格安に車を借りることを利用したいという場合、料金を比較することがポイントです。大手の会社の6割程度の価格で利用することができるため、お金を節約して車を借りたい人には助かるサービスです。

価格の安さだけを見ればとても魅力的なのですが、安いものには理由もあるのだと知っておきましょう。なぜ安く車をレンタルできるのかということですが、年式が古い車やたくさん走っている車を利用している場合もありますし、車両工場などをそのまま店舗として運営しているケースもあります。

また、乗り捨てができないことも多く、車を借りた店舗で返すことが一般的です。さらに、カーナビがオプションとなっており、欲しい場合は追加料金がかかってしまうこともあります。大手と比較すると乗り捨てができないというデメリットは大きいですし、カーナビがオプションになってしまうことも注意しましょう。

よく知っている地域で利用する場合は問題ないかもしれませんが、旅行先など知らない地域で運転する場合はカーナビが付いている方が安心です。
ちなみに、大手の会社でも古い車をレンタルに使用していることはあります。新しい車に乗りたい場合は年式を選べる会社から借りた方が良いでしょう。

格安の会社というのは徹底的にコストを削減することで値段を低く設定しているということです。また、格安で車のレンタルを行っている会社の場合、口コミでの評判があまり良くないこともあります。店側の対応が悪いこともありますし、設備の古い車や壊れている車に当たってしまうこともあるでしょう。

古い車を使っているので故障や不備などは起きやすいと。もちろん大手でも常に新車が利用できるわけではないですし、古い車に当たるとトラブルのリスクはあります。ちなみに、これは確率の問題ということですが、大手の会社ではきちんとメンテナンスをしているので古い車でもトラブルが起こりにくくなっています。

格安の会社はコストを抑えるためにメンテナンスにかかるお金なども抑えています。そのせいでトラブルに遭ってしまう可能性もアップするのですが、大手の場合はその確率が低くなるのです。
格安レンタカーは安く利用できるのですが、長距離を移動する時には使わない方が良いかもしれません。
長距離の移動ではトラブルに当たるリスクが高くなりますし、短距離の移動なら良くても長距離の移動では大手の会社でレンタルした方が良いでしょう。

乗り捨て(ワンウェイ)可のレンタカーのメリットは、借りた店舗ではなく同じレンタカー会社の他の店舗にかえすことができるところです。
沖縄は小さな島国に見えますが、南北に長いため、移動すると戻ってくるのには結構な時間がかかります。なので、乗り捨てできるレンタカーを借りたほうが、帰ってくるときに負担になりません。時間いっぱいドライブして、あとは別な島から飛行機や船で帰ってくるということもできます。

最近では、ホテルから出発して他のHOTELで返却する方法もあります。例えば、那覇市内のホテルでレンタルして、北部のホテルに乗り捨てて返却するという感じです。
これだと必要な日だけレンタルすることができるので楽です。
ホテルから利用できるプランだと、安いところだと2,900円〜、平均相場は7,000円〜です。

普通のプランであれば、料金比較サイトでは1,500円〜になっています。東京でのワンウェイ利用は4,000円近くかかりますが、沖縄はかなり安く利用。

ただし、空車状況によって値段が変わるのは避けられません。夏など観光によいシーズンは人が殺到するため、予約がいっぱいで空車が少なくなり、値段が上がりやすいです。
また、人気のある車両タイプもすぐに予約がいっぱいになってしまうことが多いです。

観光シーズン真っ盛りにレンタルするつもりならば、前年くらいから早めに予定を立てておいたほうがいいでしょう。速すぎると営業所によっては対応できないこともありますが、対応可能な時期になれば優先的に知らせてくれるところもあります。

人気があるのはコンパクトカーで、だいたい5人乗りくらいのものは予約が集まりやすいです。これだと2,500円〜5,000円が相場になっています。
また、乗用車は少し安くて相場が1,700円〜です。
この相場はエリアによって違うので、あくまでも参考料金として把握しておきましょう。

ワンウェイサービスは、借りた店舗の近くの店舗に返すほど安くなる傾向にあります。別な営業所であっても、エリアが近いと営業所側でも戻すための費用がかからないからです。

「わざわざワンウェイサービスにお金をかけたくない」という人もいるかもしれませんが、長距離を走って他のエリアまで行くのであればつけておいたほうが安心です。同じレンタル会社の営業所であれば、返すことができるので安心してドライブを楽しむことができるからです。