沖縄への格安航空券はどうして安いの?

最近は、格安航空券という言葉をよく耳にするようになりましたね。沖縄や北海道など、これまでは飛行機の料金が高いとされていたような所でも、格安航空券を使えば場合によっては半額に近い料金で行けるようになりました。

せっかくだったら格安旅行券を使って、気軽に沖縄まで行きたいと思いつつ、どうして格安航空券はそんなに安くできるのか?安全性に問題は無いのか?など、疑問や不安を持っている人も少なくないと思います。

格安航空券とは、格安航空会社の飛行機を利用する際のチケットのことです。
以前は飛行機と言えばJALやANAといった大手の航空会社しかありませんでしたが、規制緩和によってかなり低料金で乗ることのできる航空会社が次々登場しています。

良く知られている航空会社として、スカイマークやジェットスタージャパン、ピーチ航空などがあります。

では、どうして格安航空会社ではそれほど安く飛行機に乗ることができるのでしょうか?そのいちばんの理由として、業務を簡素化し、効率的にしているという点があげられます。

たとえば、回転を早くするために搭乗客の搭乗時間をできるだけ短くする工夫をしたり、手荷物を減らして駐機時間を短くしたりしています。他にも機内サービスを最低限にするという所も多くあります。
これらの努力によって飛行機の料金を少しでも安くできるようにしているのです。

他にも格安料金にする方法があります。それは、旅行代理店がまとめ買いした席数の残りを一般の航空券として販売する方法です。
旅行代理店ではかなり早めに席をまとめ買いし、旅行パックとして売り出します。

この時に残った座席は空けておいたままで飛行機を飛ばすよりは、たとえ安くてもお客様を乗せて飛ばした方が利益になります。ですから、このような席のチケットは格安で販売することが可能なのです。

格安航空券を利用して沖縄に行きたいけれど、安い値段で乗る飛行機の安全性が気になるという人もいることでしょう。
これは常識の範囲で考えても、格安だから機体の管理に手を抜いたりするなどということは考えられません。

たとえば一度事故やトラブルが起きれば、その航空会社は倒産することもあります。そのようなリスクを背負ってまでいい加減なことはしないでしょう。

また、パイロットになるためには厳しい国家試験が必要で、これは航空会社の大小には関係の無いものです。格安航空会社では先ほどお話したような努力や工夫を積み重ね、旅行代理店とも上手に連携した結果、格安航空券というものを実現しているのです。